耳科診察otology

まんが: 外耳炎について

動物の耳科は、皮膚科に含まれるってご存知でしたか?ヒトには耳鼻科がありますが、動物では皮膚と耳に症状が出る病気が多いため、皮膚科医が耳科も担当する事になっています。

愛犬・愛猫が
・耳の辺りを掻いている(痒がっている)
・よく耳を振っている
・耳が汚れていてニオイがする
といった症状がある場合、それは外耳炎かもしれません。

外耳炎は様々な要因が複雑にからんで発生するため、外耳炎を引き起こしている原因を特定し、治療を行う事が重要です。

例えば、耳も検査でよく検出される【マラセチアや細菌】は、外耳炎を引き起こす要因ではなく、外耳炎を悪くする要因であるため、これらをやっつけても再発する事が多いです。

根本治療のためには、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどのアレルギー性疾患、脂漏症、異物などの異常に対して治療を行うことがポイントとなります。毎年外耳炎を繰り返す場合、根本治 療に至っていない可能性も考えられます。


耳の治療は、早いにこした事がありません。遅くなるにつれ、治療の効きが悪くなるだけでなく、外科手術が必要になってしまう場合もあるからです。当院は、耳科内視鏡を有しているため、中々治らない外耳炎(異物、腫瘍、コッカーの外耳炎)の 診断・治療や、中耳炎の診断・治療を行う事が可能となります。

外科的治療に移行する前の最後の砦として、高度な耳科診療を皆さまに提供致します。また、外科的治療が必要な場合、経験豊富な獣医耳科医を連携して、治療を行います。

外耳炎の解説をもっとご覧になりたい方はこちら

外耳炎について① 外耳炎について②

慢性外耳炎が改善したワンちゃん

Before

After

耳科内視鏡で観察した外耳炎の犬の耳道