アレルギー科診察

皮膚科診察の中で一番多い皮膚病は『アレルギー性皮膚炎』となります。

アレルギー性皮膚炎は、かゆみが非常に強く生じる上、他の感染症(細菌やマラセチア)が併せて起こりやすく、重篤化しやすいのが特徴です。皮膚検査では、細菌やマラセチアを見つける事は出来ても、アレルギーを見つける事は出来ません。また、アレルギーを診断出来る血液検査も獣医療においては存在せず、診断には除外診断が必要となります。
皮膚を丁寧に診る事に加え、皮膚検査、飼主様へのヒアリングを行うため、診察時間を長めにとっております。気になる事や心配な事はどんなに些細な事でも構いませんので、是非お気軽にお尋ねください。

今回は、アレルギー性皮膚炎の中でも最も多い『アトピー性皮膚炎と食物アレルギー』について紹介します。

アトピー性皮膚炎のワンちゃんでは、皮膚のバリア機能が低下しており、かゆみが生じやすく、感染症にかかりやすくなっています。

症状は、手足や耳などの痒みと皮膚の炎症(赤み)が中心です。見ていて可哀想になってしまう方も多いのではないでしょうか。

アトピー性皮膚炎は治る病気ではないからこそ、上手な付き合い方を見つける事が重要です。ワンちゃんの性格や飼主様のライフスタイルや考え方に合わせた治療のご提案が出来るので、是非お気軽にお尋ね下さい。

Before

After

食事が原因でアレルギーが起こるものを食物アレルギーと言います。原因となる食材を食べるとアレルギー反応が起こり、皮膚や耳が痒くなる事や、吐き気や下痢が出る事があります。(症状はその子その子によって様々です。)

食物アレルギーの場合、アレルギー用のフードをずっと食べなければいけない、ということはありません。原因となる食材を見つけていく事で、アレルギー用以外のフードも食べられるようになることも少なくありません。アレルギー用フードは、食物アレルギーを診断するために活用すべきフードとも言えます。

このような点から、アレルギー用フードの選択や継続の可否に関して、獣医師と相談しながら調整することが安心です。はじめて診察する際には、今まで食べていた食事やおやつの成分について詳しくお聞きさせて頂きます。診察に大いに役立つため、分かる範囲で調べて頂ければ幸いです。(分からなくても診察可能なので、ご心配なさらないで下さいね。)

PAGE TOP